まいにち寂聴さんアプリアイコン

アプリダウンロード

「まいにち寂聴さん」公式サイト | 瀬戸内寂聴さんのオフィシャルアプリ

実機画面TOP

まいにち寂聴さん

昭和・平成・令和......
ずっとみんなを勇気づけている、瀬戸内寂聴さんの公式アプリです。 やる気満々の日も、ちょっと落ち込んだ日も、毎日クリックして元気と知恵をもらいましょう。先生の声も聞けます。 仏の教えに基づきながらも型にはまらない、楽しいコンテンツがいっぱい。あなたのスマホに入る駆け込み寺です。

瀬戸内寂聴

寂聴さんの声でまいにち元気!

アプリトップページでは、このアプリでしか聞けない、寂聴さんの生VOICEと動画の視聴が可能。 ふれるたびに、寂聴さんがあなたに語りかけます。しかも、時間帯や季節で内容が変わります。寂聴さんの生の声で、元気をもらおう!

コンテンツ

実機画面TOP

会員限定、寂聴さんのコンテンツもアプリで

寂庵だより

30年以上にわたり会員向けに発行されていた、「寂庵だより」。アプリでその貴重なアーカイブを読むことができます。 仏教のことばやお経についてわかりやすくひもといたエッセイなど、会員向け新聞ならではのコンテンツ。気軽に瀬戸内文学入門ができます。

実機画面TOP

まいにち引けるおみくじ 名言をきょうのお守りに

おみくじ

今日はどんな日?このおみくじを1日1回引けば、元気な日もちょっとブルーな日も、庵主さまの奥深いことばが、あなたにパワーを与えてくれることでしょう。 1個から5個まで、画面にはおみくじによって積んだ徳が表示されます。

実機画面TOP

秘書の瀬尾さんが先生や寂庵の「今」を発信

まなほ通信

秘書の瀬尾まなほさんが、折にふれアップしていく、先生のふだんの様子や寂庵の「今」。

実機画面TOP

あなたの寂聴さん愛とオタク度がわかる楽しい検定

寂聴検定

作品のことから、寂庵のお庭のトリビアまで、寂聴さんについての楽しくてためになる問題をご用意しました。しかも、成績によって徳が積めますよ!

実機画面TOP

いつの世も変わらないお悩みに寂聴さんがズバッと答えます

一問一答

いつの時代も、生きていれば悩みはつきないもの。 長年「寂庵だより」などでお答えしてきた、寂聴さん流の、温かくて型にはまらないアドバイスに、きっと心が軽くなるでしょう。

デモ

徳を貯める

おみくじを引いたり、検定を受けたり、アプリ内で楽しく過ごすことで、徳を積むことができます。 その数により、アプリ限定の全員プレゼントや、抽選プレゼントをご用意。さらに『まいにち寂聴さん』の楽しみが広がります。

瀬戸内寂聴

瀬戸内寂聴

1922年、徳島県生まれ。東京女子大を卒業。 1957年「女子大生・曲愛玲」で新潮同人誌賞。1961年『田村俊子』で田村俊子賞。 1963年『夏の終わり』で女流文学賞を受賞。1973年に平泉中尊寺で得度、法名寂聴となる。 1992年『花に問え』で谷崎潤一郎賞。1996年『白道』で芸術選奨文部大臣賞、2001年『場所』で野間文芸賞。 2011年『風景』で泉鏡花文学賞を受賞。1998年『源氏物語』現代語訳を完訳。2006年、文化勲章受章。 近著に「愛することばあなたへ」(光文社)『いのち』(講談社)『97歳の人生相談』(kindle版、講談社)など。

シェア